ニュース

ニュース

ホーム  >  ニュース  >  インバウンド対策とアウトバウンド展開のツボ⑤~アウトバウンド展開のカギを握る主要ツール~

インバウンド対策とアウトバウンド展開のツボ⑤~アウトバウンド展開のカギを握る主要ツール~

本コーナーでは、訪日旅行者のインバウンド需要をどのように取り込んでいくか課題解決に向けたアドバイスや、「Made in China」から「Sales in China」というトレンドシフトの中でのSNS活用のコツなどアウトバウンド展開について取り上げます。

■モールとSNSの間にある複雑な関係

日本でネットモール市場がアマゾン対楽天といった図式で語られるように、中国にはアリババ陣営(タオバオおよびTモール)と京東商城の2大勢力があります。新浪「ウェイボー(微博)」対テンセント(騰訊)「WeChat(微信/ウェイシン)」、「WeChatペイ(微信支付)」対「アリペイ(支付宝)」といったSNSやスマホ決済におけるライバル関係が、これら2つのモールの集客方法に影響を与えているのは注目に値すべきことでしょう。

以前にも「Whenever大連」の誌面で紹介したことがございますが、「京東」は「WeChat」の広告から自社サイトにユーザーを誘導する策を打ち出しています。「ウェイボー」がアリババ系の「Tモール」「タオバオ」とリンクする一方で、「WeChat」と紐ついているのが「京東」という組み合わせになっており、「ウェイボー」から「京東」、「WeChat」から「Tモール」「タオバオ」へリンクさせるのはそれぞれできないのです。

■企業活動にWeChatは欠かせない

中国での企業活動においていまやWeChatが不可欠な存在と位置づけられてきたのはどうしてでしょうか。

ブランド宣伝や販促、CRM、内部管理に至る幅広いビジネスシーンにおいて、低コストかつ効率的な運用が可能なことが急速な普及を推し進めてきたという背景もあるでしょう。自社アカウントのQRコードを顧客にスキャンしてもらうだけで長期的なコミュニケーション関係を築くことできるのですから、利便性は大変高く、既存顧客の維持のみならず潜在顧客の開拓にも威力を発揮してくれるのです。

一方、WeChatは、データ分析で得た情報をもとに経営戦路を構築し、業務活動における意思決定につなげていくうえでも重宝します。そこで得られた新たな顧客チャネルとデータは、企業にとって重要な情報資産だといえましょう。

■より賢く運営するために

ただ、WeChatを通して情報発信を行っていくにはいくつかのコツをつかむことが必要です。 たとえば、WeChatユーザーの80%は、受信した情報のタイトルを見ただけで続きの内容を読むかどうかの判断をします。たかが表題だと言って、付け方をおろそかにすることはできません。さらにテキストだけでなく、音声や動画を添えて読者の関心を引きつける工夫をするのが望ましいでしょう。

ただし、プッシュ配信に比重を置きすぎるのは時として逆効果となることもあります。一つ一つの情報に値打ちがなくなってしまうからです。顧客との連動とは無縁な情報のプッシュ配信が頻繁になると、読者から迷惑がられてしまいます。不要な広告配信と読者から受け止められないような配慮が必要です。

WeChatの公式アカウントを開設したと言っても、それは単に宣伝手段を手にしただけなのです。最終的にどのように事業を成功に導くかは、やはり日々の運営への努力が欠かせません。

WeChatをよりよく活用するために、運営サポートを行う会社ともスムーズな交流を心がけていただくように祈念し、今回の連載を締めくくらせていただきたいと思います。

■アウトバウンド展開のカギを握る主要ツール

アウトバウンド展開のカギを握る主要ツール アウトバウンド Made in chinaからSales in Chinaへ WeChat 特徴:絆の深い(信頼関係のある)、知り合いより販売が主流。類似:LINE@; タオバオ 特徴:C2CからはじめB2Cへ、低価格販売手法が主流。類似:楽天; 天猫 特徴:専門直営店揃い(信頼と安心)B2C販売が主流だが、入店条件難。 類似:楽天; 京東 特徴:直営(信頼と安心)販売が主流、物流も自社対応。類似:Amazon Japan

任振寧(Ren Zhen Ning)

【著者紹介】
任振寧(Ren Zhen Ning)
伙伴(大連)信息技術有限公司CEO
  大連市出身。1999年に渡日、九州国際大学にて経営学を専攻。2005年に帰国後、人材関連業に従事し、翌年に起業、伙伴(大連)信息技術有限公司を設立。BPOやITO、さらにWeChatやWeiBoなどの中国SNSを活用したソリューション、越境EC等、幅広く事業展開する。17年4月にビジネスマッチングサイト「JCB日中橋」を開設。

2017-12-07

【ご案内】Partners (Dalian) Infotechのサービスについて:

Partners (Dalian) Infotechは対日のオフショア(BPO、IT等)をはじめ、めまぐるしく移り変わる中国、 中国社会の変化、そして多様化するクライアント企業様の課題に合わせ、新しいWeChat、WeiBo, 越境EC等のサービス、日中間専門なビジネスのサイトを運用、ビジネスマッチング;企業PR・広報のサービスの開発・提供に積極的に取り組んでまいります。


伙伴(大连)信息技术有限公司

ADD: 中国・大連市高新園区数碼路北段77号 軟景中心1923
Tel: (86)411-84115681
Email: info@partners-infotech.com
Web: www.partners-infotech.com
©2005-2017 Partners Infotech CO.,LTD All Rights Reserved
©2005-2017 Partners Infotech CO.,LTD All Rights Reserved